So-net無料ブログ作成
検索選択
前の5件 | -

Tripletta!!! ☆ game 024 [Tripletta!!!]

皆さま、こんばんは![わーい(嬉しい顔)]
2月も今日で最終日ですね。明日からは3月…
寒い日もありますが、少しずつ春が近づいて来ている気もする今日この頃♪ (´▽`)

今月2月と言えば、日本代表監督の指揮を執っていたハビエル・アギーレ氏が解任。
いまだに後任の監督選び、交渉は難航している様子です。
今日、更新するまでに、急に発表とかあるかなあ…なんて思っていましたが
今のところ目立った動きは無いようですね[あせあせ(飛び散る汗)]

話題は変わって来週3月7日にJリーグが開幕です![グッド(上向き矢印)]
そして今日、開幕に先立ちFUJI XEROX SUPER CUP 2015 ガンバ大阪vs浦和レッズが行われました。
結果は、昨シーズン3冠を成し遂げたガンバが2-0で浦和を下し、今シーズンの初タイトルを獲得しました。
宇佐美選手のゴールも良かったですが、パトリック選手の2点目、上手かったなあ~(^_^)
なんて思いながら見ていましたが、皆さんも見られましたか?
浦和も良い攻めの形は作っていたと思うのですが、ガンバが良い守備で対応していましたね。
今季のJリーグはどんなシーズンになるのでしょう?楽しみですね[るんるん]


さて、それでは今月もTripletta!!! スタートしたいと思います[わーい(嬉しい顔)]
最新号、No.24 をどうぞ~!(*´▽`*) ↓ ↓ ↓


UNO: なんと!アギーレ監督が解任。。。この結果、りささんはどのように受け取られましたか?日本代表の今後はどうなるの?

アギーレ氏にはスペインでクラブチームの指揮をとっていた時期に、八百長に関与した疑いが持たれていました。その告訴状がスペインの裁判所に受理されたことが、解任に至った大きな理由とされています。実際に関与したかどうかも問題ですが、裁判のような不安材料を抱えていると、代表監督の仕事に集中することは困難です。アギーレ氏の経験や実績を考えると非常に残念ですが、解任は避けられない結果ではないでしょうか。今後の見通しは現時点では何とも言えませんが、今年6月からはワールドカップ・ロシア大会に向けたアジア予選が始まります。ですから、できるだけ早く、慎重に新しい指揮官を選ばなくてはなりません。


DUE: チャンピオンズリーグ(CL)の決勝トーナメントが始まりました!注目試合はありますか?

2月からチャンピオンズリーグが再開され、決勝トーナメントが始まりました。やはり互角の戦いになった顔合わせから、意外な結果になった対戦カードまで様々な第1節でしたね。初戦の結果を受けて、それぞれのクラブが第2節を戦う方向性を定めたと思います。対戦する両チームのここからの駆け引きが非常に楽しみです。実力が拮抗しているチェルシーvsパリ・サンジェルマン、また数的不利に陥り、初戦をスコアレスドローで終えた昨シーズンのCL王者・バイエルンvsシャフタール・ドネツクの一戦が特に注目です。また、日本人選手が所属するシャルケ(内田篤人選手)、ドルトムント(香川真司選手)の試合も見逃せませんね!(^-^)


TRE: いつも日本代表戦、または欧州サッカーが気になって、ついJリーグを見逃しがちです。現在のJリーグ勢力図はどうなっていますか?旬な話題や選手は?

Jリーグは毎シーズン、どこのクラブにも優勝・降格の可能性がある非常に稀な体質のリーグだと思います。毎年、どんな順位になるか予想がつきません。ですから、圧倒的にどこかのクラブが強い、という傾向はないように思います。今季からJ1は、前期と後期に分かれる「2ステージ制」を採用します。賛否両論はありますが、優勝争いの見せ場を増やすことで、多くの人がサッカーに関心を持ち、触れることが狙いのようです。注目したい選手は、昨年J2からの復帰1年目で見事リーグ優勝を果たし、3冠を達成したガンバ大阪の宇佐美貴史選手。そのボールスキルの巧さは一見の価値ありです。ぜひ一度、ご覧になってください!


☆ 補足情報 ☆

TRE

2015シーズン以降のJ1リーグ戦大会方式

J1に所属する18クラブによる2ステージ制のリーグ戦と、
チャンピオンシップと呼ばれるトーナメント戦を行い年間優勝クラブを決定する。

☆ リーグ戦 ☆

1stステージ、2ndステージともに17節で総当たり戦を行い各ステージの順位を決定。
(両ステージでホーム&アウェイを戦う)

☆ チャンピオンシップ ☆

1stステージ・2ndステージの1位のクラブ、年間勝ち点2位・3位のクラブで1回戦と準決勝を行う。
1回戦・準決勝はホーム&アウェイ戦ではなく、1回戦制。
準決勝を勝ち上がったクラブと年間勝ち点1位のクラブが決勝を戦い、年間優勝を決定する。
(決勝のみホーム&アウェイで戦う)勝者が年間優勝、敗者が2位となる。

・・・と、ちょっとややこしく、わかりにくいですが[たらーっ(汗)]このような形式に変わります!


☆★ 今月のひとこと ★☆

突然の休刊ですが、充電したいと思います。(ほたる)
もうすぐJリーグ開幕!サンガとマリノスを追いかけます! (りさ)

(*WHAT'S NEW のコーナーは、今月お休みいただきます*)

いかがでしたでしょうか?(^-^)

冒頭でJリーグの開幕の話に触れましたが、今年はできるだけスタジアムに足を運ぼうと思います!
現地で(とりあえずは国内ですが:笑)
見聞きした情報や感じたことを、皆さんにお伝えできたらと思います!![わーい(嬉しい顔)]

それでは今月はこのあたりで・・・また次回お会いしましょう~☆ \(^o^)/
タグ:Tripletta!!!
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

Tripletta!!! ☆ game 023 [Tripletta!!!]

皆さま、こんばんは[わーい(嬉しい顔)]
また寒い日が続いておりますね…京都も今日は風がビュウビュウ、雪が舞っております[雪]

さて、今日はアジアカップの決勝。
本来であれば、日本が勝ち残っていて連覇を成し遂げてほしかったのですが…[バッド(下向き矢印)]
準々決勝敗退という結果に終わり、非常に残念ですね。
アギーレ監督の進退を含め、代表の今後がとても気がかりです。
そして、3月から始まるJ1リーグが、新シーズンから2ステージ制に移行。
様々な意見がありますが、どのようになるのか、こちらも気になるところです。

さて、それでは今月もTripletta!!! スタートしたいと思います[るんるん]
最新号、No.23 をどうぞ~ (≧▽≦) ↓ ↓ ↓


UNO: 2015年始まりました!!今年はアギーレJAPANが躍進すれば幸いですね。注目のポジション,選手の使い方などはありますか?

優勝が期待されたアジアカップは、残念ながら準々決勝敗退という結果に終わりました。大会連覇を狙って、海外組・ベテラン勢中心でのメンバー構成となっていましたが、今後は変化があるかもしれません。アギーレ監督就任直後は、国内の若手選手を積極的に召集していましたし、新たなチャンスを与えられる選手も出てくる可能性があります。注目は、ボランチのポジションを務める柴崎岳選手(鹿島アントラーズ)ではないでしょうか。遠藤保仁選手との世代交代で、今後の日本代表のゲームメイクを担う存在になると思います。


DUE: 1つのゲームにおいて,選手の交代は重要な鍵ですが,どのような視点を持って選手の交代を見ると,ゲームをより楽しむことができるでしょうか?

選手交代が行われる際のポイントは、試合展開、時間帯、交代する両選手のポジション、特徴などです。
例えば、リードしている側のチームが、どの時間帯にどんなタイプの選手を、誰と交代でどのポジションに入れるのかなどを見てください。また、交代で入った選手は監督から指示を受けているので、どんな動きをしているかも注目です。同じタイプの選手を入れる場合もあれば、特徴の異なるプレイヤーを入れることもありますし、チームのシステムを変えて必要なポジションに適する選手が入ることもあります。選手交代には必ず意図がありますから、試合がどういう状況なのか、両チームが改善したいポイントはどこなのか。そういった要素を考えながら、監督の狙いを予測してみるのも面白いですね。


TRE: サッカーを楽しむ上では,やっぱり生で観戦することが欠かせません!しかしながら、チケットの取り方がよくわからない。。。りささんはどのように各チケットを入手されているのですか?

開催される試合にもよりますが、チケットぴあなどのプレイガイドで購入することができます。Jリーグ関連の試合でしたら、各クラブのホームページやJリーグの公式サイトなどからも入手可能です。また、コンビニエンスストアのチケット発券機でも直接買うことができるものもあります。日本代表戦などは有名プレイガイドのほか、チケットJAFのサイトからも購入できます。代表のHPでチケット発売の案内もしていますので、マメにチェックしてみましょう。但し、購入するサイトなどに事前の会員登録が必要になりますので、前もって登録しておくことをお勧めします。ぜひ、スタジアムに足を運んで、サッカーの楽しさを体感してください!


☆ ★ ☆ WHAT'S NEW ☆ ★ ☆

SAMURAI BLUE 3月の試合日程 ☆

3月27日(金) キリンチャレンジカップ VS チュニジア (大分スポーツ公園総合競技場)
3月31日(火) *国際親善試合 VS ウズベキスタン (東京スタジアム)
(*大会名称が 「JALチャレンジカップ2015」 になりました*)

なでしこJAPAN アルガルベカップ試合日程(3/4~3/11・ポルトガル) ☆

3月4日(水) VS デンマーク  3月6日(金) VS ポルトガル 3月9日(月) VS フランス
3月11日(水) 順位決定戦   *日付は現地時間です*

(☆ 日時は変更になる場合がありますので、事前にご確認ください ☆)

☆★ 今月のひとこと ★☆

いい年になりますように、2015年!!!(ほたる)
今年はできるだけスタジアムに試合を観にいきます! (りさ)


いかがでしたでしょうか? (*´▽`*)
3月に行われる、なでしこJAPAN のアルガルベカップは、
ワールドカップに向けて強豪国と対戦できる貴重な機会であり、重要な大会です。
楽しみですね![グッド(上向き矢印)]


最後に読者の皆さまにお知らせがございます。

Tripletta!!! も、今年3月でスタートしてから丸2年を迎えます(^-^)
毎月1回の発行ですが、皆さまのおかげで毎回制作することができております!
あらためて、心より感謝を申し上げます。ありがとうございます。

初心者のためのサッカー情報誌として
スタートさせていただいたトリプレッタですが、2年という月日を経て
読者の皆さまと共に、情報誌として新たな成長をしたいという想いが大きくなりました。
この、発行から2年という機会に、「初心者のための」という基本コンセプトは変えずに、
今後は新たな視点でサッカーの楽しさをお伝えできればと考えております。
それに伴い、休刊期間をいただきたいと思います。

☆ 休刊期間 2015年4月~6月 ☆
(予定に変更がある場合は、随時お知らせいたします)

なお、2015年3月までは、通常通りフリーペーパー・blog ともに発行・更新いたします。
また、休刊期間中もblog につきましては、別の形での更新を予定しております。

今まで以上に、皆さまにサッカーを楽しんでいただけるよう
より良い紙面づくりを目指したいと思いますので、今後ともよろしくお願いいたします!(^-^)

最後、少し真面目な話になってしまいましたが[あせあせ(飛び散る汗)]

今月はこのあたりで・・・また次回お会いしましょう~☆ \(^o^)/

タグ:Tripletta!!!
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

Tripletta!!! ☆ game 022 [Tripletta!!!]

皆さま、こんばんは![わーい(嬉しい顔)]
2014年も残すところ、今日・明日となりました。あっという間ですね(^_^;)
皆さまはもう休暇に入られているでしょうか?
私は明日、ちょこっとだけ仕事してお正月休みに突入します[グッド(上向き矢印)]

今年はワールドカップイヤーで、サッカー界にとっては大きな一年となりましたね。
日本代表が良い成績を残せなかったのは非常に残念でしたが、世界のサッカーを目撃できて
多くの方がサッカーというスポーツをシンプルに楽しめたのではないでしょうか?(^-^)
また、Jリーグでは優勝争いが最終節までもつれ込み、
最後までどこが優勝するのかわからない面白さを実感できたシーズンでもありました。
結果、ガンバ大阪がリーグ・天皇杯・ナビスコカップの3冠を達成し、
日本のサッカー史に新しい歴史を刻みました。

年末年始ですが、日本国内では今日(12月30日)から
第93回全国高等学校サッカー選手権大会が始まりました!
また、元旦には皇后杯の決勝があり
1月3日より第23回全日本高等学校女子サッカー選手権大会も開幕します!
そして、1月9日からはアジアカップが開幕。
欧州リーグにおいては、プレミアリーグは休みナシ(!)で継続中。
セリエA、リーガ・エスパニョーラはクリスマス前から約2週間の休暇の後再開され、
ブンデスリーガも約一カ月のウインターブレイク後、リーグ後半戦が始まります。
というわけで、楽しみが続く冬になりそうですね!(≧▽≦)

それでは、2014年最後のトリプレッタ、022☆最新号をどうぞ~ (^_^)/ ↓ ↓ ↓


UNO: 選手だけでなく、チームに重要なのは「監督」の存在。有名な監督にはどのような方が挙げられますか??

現在、非常に評価が高く注目を集めている指揮官は、カルロ・アンチェロッティ(レアル・マドリー)、ジョゼ・モウリーニョ(チェルシー)、ジョゼップ・グアルディオラ(バイエルン)ではないでしょうか。3指揮官ともそれぞれサッカーに対する哲学や戦術は違いますが、率いるクラブが変わってもチームを勝利に導き、多くのタイトルを手にしています。また、イングランドの名門・マンチェスター・ユナイテッドを26年間に渡り指揮したアレックス・ファーガソン氏、スペインの黄金時代を築いたビセンテ・デル・ボスケ(現スペイン代表監督)も非常に偉大な監督です。指揮官のタイプも様々で、その数だけサッカーのスタイルが存在すると言っても過言ではありません。


DUE: しばらくテレビを見ていなかったら、サッカー事情についていけなくなってしまいました。。欧州各リーグは、どのような動向ですか?

欧州全体で見れば、それほど劇的な変動はありません。しかし、リーグによっては多少の変化は見られます。今シーズンの前半戦の状況は、プレミアリーグではビッグクラブだけではなく、通常は中位・下位に位置することが多いチームが上位に食い込んでいます。リーガ・エスパニョーラではレアル・マドリーが驚異的な強さを見せていますが、勝ち点で見ればバルセロナ、アトレティコ・マドリーの上位3チームは拮抗しています。また、ブンデスリーガでは昨シーズン同様、バイエルンが首位を独走。その一方で、ライバルとして過去4シーズン好成績を収めてきたドルトムントが降格の危機に瀕しています。セリエAでは順調に勝ち点を重ねるユヴェントスとローマが首位を競り合っており、3位以下が大混戦となっています。


TRE: 今年最後のトリプレッタですが、W杯の戦績等も含め、今年の日本代表サッカーについて総括をお願いします!

2014年はワールドカップという大きな舞台に挑みましたが、グループリーグ敗退という厳しい結果に終わりました。ザッケローニ監督が就任して以来、4年間かけてベストを尽くせるチーム作りが行われてきたのは事実ですが、世界と戦うために日本代表にはまだ多くの要素が必要であることが明確になった年でもあったのではないでしょうか。またW杯後は新指揮官を迎え、召集メンバーを含め新たな試みが始まりました。しかし、目前にアジアカップを控えていることから、W杯を戦ったチームをベースに新戦力とアギーレ監督のスタイルがプラスされているのが現状です。本格的にチームが構築されていくのはこれからになるでしょう。


☆ 補足情報 ☆

UNO

カルロ・アンチェロッティ・・・1959年生まれ・イタリア出身
現役時代のポジションはミッドフィルダー。パルマでプロデビューした後、ASローマ、ACミランに在籍し、イタリア代表でも活躍。指導者としてはイタリア代表のアシスタントコーチを経て、レッジャーナ、パルマ、ユヴェントス、ミラン、チェルシー、パリ・サンジェルマンの監督を歴任。ミランでのチャンピオンズリーグ制覇2回を含め多くのタイトルを獲得し、欧州屈指の名将に。2013年よりレアル・マドリーの指揮を執り、就任1年目にしてビッグイヤーを獲得する。非常に柔軟な頭脳の持ち主で、チームに生じる問題を巧みに解決する対処術に長ける。また、選手の特性を見抜き、その能力を最大限に活かしたチーム作りが特徴。

ジョゼ・モウリーニョ・・・1963年生まれ・ポルトガル出身
プロ選手としての大きな成功はなく、現役引退後はスポルティング・リスボン、FCポルト、バルセロナで名将ボビー・ロブソンの通訳兼アシスタントコーチを務める。ベンフィカで監督キャリアをスタートさせ、ウニオン・レイリア、ポルト、チェルシー、インテル、レアル・マドリーで指揮を執る。ポルトとインテルでチャンピオンズリーグ制覇を成し遂げ、指揮を執ったクラブに多くのタイトルをもたらす。人心掌握術に長け、その発言や立ち居振る舞いもチームを勝利に導くために計算されていると言われる。サッカーのスタイルは決して守備的ではないが、強固な守備が基本となっている。

ジョゼップ・グアルディオラ・・・1971年生まれ・スペイン出身
12歳でFCバルセロナのカンテラ(下部組織)に加入、1990年にトップチームでデビュー。ヨハン・クライフの指揮下、ドリームチームで中心選手として活躍。類まれなる戦術眼を持ち、中盤の底からゲームをコントロールした。バルセロナでプレーした後は、イタリア、カタール、メキシコのクラブに在籍し2006年に現役を引退する。2007年にバルセロナBの監督に就任し好成績を収めると、その手腕を評価され翌年にはトップチームの指揮官に抜擢。監督を務めた4年間で、リーガ・エスパニョーラ優勝3回、チャンピオンズリーグ制覇2回をはじめ数多くのタイトルを獲得した。2013年よりドイツの名門、バイエルン・ミュンヘンの指揮を執る。
規律と集団を重視したポゼッションサッカーが特徴。サッカーを熟知しているであろうその頭脳は常に新しいアイディアを生み出し、彼のサッカースタイルは進化を続けている。

☆ ★ ☆ WHAT'S NEW ☆ ★ ☆

「 AFC アジアカップ オーストラリア2015 」

☆ 日本代表 試合日程 ☆ (日時はすべて日本時間)

GS第1戦 1月12日(月) vs パレスチナ  16:00 
GS第2戦 1月16日(金) vs イラク    18:00  
GS第3戦 1月20日(火) vs ヨルダン   18:00  

(☆日時は変更になる場合がありますので、事前にご確認ください☆)

☆★ 今月のひとこと ★☆
あたたかい国に行きたい。。。(ほたる)
今年もお世話になりました!来年もよろしくお願いします!(りさ)

いかがでしたでしょうか?(*´▽`*)

今年も一年、読者の皆さまにはお世話になりました。
いつも、当blog にご訪問いただきまして本当にありがとうございます。
サッカーの知識や文章など、私自身まだまだ未熟で多くを学んでいかなければなりませんが、
皆さんにサッカーを楽しんでいただけるよう、少しでも何かできればと思います。

2015年が皆さまにとって素晴らしい一年になりますように[ぴかぴか(新しい)]
来年もトリプレッタをどうぞよろしくお願いいたします!

それでは、今月はこのあたりで・・・また次回お会いしましょう~☆ \(^o^)/
良いお年をお迎えください[ぴかぴか(新しい)]


タグ:Tripletta!!!
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

Tripletta!!! ☆ game 021 [Tripletta!!!]

皆さま、こんばんは![わーい(嬉しい顔)]
紅葉の季節も少しづつ終わりに近づき、冬を迎えようかという今日この頃・・・(´▽`)
皆さまいかがお過ごしでしょうか?
今年ももうあと一カ月・・・早いですね[あせあせ(飛び散る汗)]
と、毎年言っている(笑)気がしますが、ホントあっという間です。

さて先日、欧州サッカー界では新記録が生まれました!
バルセロナのリオネル・メッシ選手がリーガ・エスパニョーラで通算最多得点記録を更新しました[ぴかぴか(新しい)]
バルセロナに在籍してきた10年間で記録した得点は253ゴール(2015年11月22日現在)
今更言うのもなんですが(笑)どんなハイペースやねん!! という数字ですね (^_^;)
そして、それだけではありません。
何とチャンピオンズリーグでも、ラウール・ゴンサレス選手が持つ71ゴールを抜き、
74得点と最多得点記録で更新し、単独首位に立ちました!
まあ、何がすごいって毎シーズン、パフォーマンスが落ちないことですよね。
怪我や疲労などで多少の波はあるかもしれませんが、
これ以上のパフォーマンスはない、と思ってもその上をいく。そして、またその上をいく。
それが結果として、数字・記録という形になるのでしょうね。
しかもまだ27歳、これからもきっと私たちを驚かせ、楽しませてくれるでしょう!!

そして、すごいと言えばこの選手も忘れてはなりません (^-^)
同じく絶好調のクリスティアーノ・ロナウド選手。
こちらは、今季リーグ戦12節を終了した時点で決めたゴールはすでに20!リーガ最速記録だそう[ぴかぴか(新しい)]
このペースでいくと、今シーズン終了時には60ゴール越え・・・?(という計算になりますね[たらーっ(汗)]
また、チャンピオンズリーグでも通算得点数を71ゴールに伸ばし、ラウールと並んで2位に。
メッシとロナウド、本当にどこまでいくんでしょう・・・!今後も目が離せませんね[グッド(上向き矢印)]

さて、それでは今月もトリプレッタ、スタートさせていただきます☆
Tripletta!!! ☆ 021 最新号をどうぞ~ (^_^)/ ↓ ↓ ↓


UNO: キリンチャレンジカップが開催されました。若手選手が起用されておりますが、注目選手は一体誰ですか??

試合によっては、遠藤保仁選手や今野泰幸選手のようなベテラン勢も召集されましたが、アギーレ監督就任以降はJリーグに所属する選手や若手選手を積極的に起用しています。中でも特に注目したいのは、柴崎岳選手(鹿島アントラーズ/MF)と武藤嘉紀選手(FC東京/FW)でしょうか。柴崎選手は視野が広く、優れた判断力と精度の高いパスで試合をコントロールするゲームメイカーです。また、中盤から機を見て前線に上がり、ゴールに関わるプレーも持ち味です。ポジションが同じでプレースタイルも似ていることからか、遠藤選手の後継者とも言われています。武藤選手は、スピードとキレのあるドリブルで直線的にゴールを目指すのが特徴のアタッカーです。プレーに迷いがなく、「自分がゴールを決める」という意識も非常に高いですね。フィジカルも強く、個人で局面を打開できるスキルを持ったプレイヤーです。


DUE: 私は遠藤選手がすきです。サッカーがものすごく上手だと思います。でもうまく言えません。。 遠藤選手の「うまさ」、教えてください。

遠藤選手は「替えの効かない選手」と表現されるように、非常に高いサッカーセンスと技術を兼ね備えています。一瞬でピッチ上の状況を把握し、精度の高いパスで攻撃を組み立て試合をコントロールしています。
味方がプレーしやすいように理想のタイミングで的確なパスが出せ、チームメイトの能力を最大限に引き出す能力に長けています。パスを出すことで相手選手のマークを外し、自分や味方選手に必要な時間とスペースをつくるスキルも抜群です。マイペースでメンタルも強いですね。また、PK、FKやCKのプレースキック(ボールを地面に静止させた状態でのキック)も精度が高く、チームの得点源にもなっています。


TRE: ふと思ったのですが、なでしこの選手(女子サッカー選手)の海外移籍、などはないのですか?あまり話題になっていませんよね?

男子選手ほど人数は多くありませんが、海外のクラブに所属していたり、過去にプレー経験がある女子選手はいます。現在イングランドでは、なでしこJAPANでおなじみの大儀見優季選手(チェルシー)、近賀ゆかり選手、大野忍選手(共にアーセナル)がプレーしています。ドイツでも安藤梢選手はフランクフルト、岩渕真奈選手はバイエルンミュンヘン、永里亜紗乃選手はポツダムにそれぞれ所属しています。また、宇津木瑠美選手(モンペリエ)、熊谷紗希選手(オリンピック・リヨン)はフランスリーグでプレーしています。


☆ 補足情報 ☆

UNO

柴崎選手は現在22歳。青森山田高校で1年生からレギュラーとしてプレー。
2年生の時に高校選手権で準優勝し、鹿島アントラーズと仮契約したほどの才能の持ち主。
「遠藤の後継者」と言われることについては、遠藤選手本人も認める発言をするほど。

武藤選も現在22歳。FC東京の育成組織で育ち、慶応大学へ進学。3回生までプレーした後、
2014年からFC東京入り。(現在も在学中)
アギーレ体制初戦のウルグアイ戦でデビュー、続くベネズエラ戦で初ゴールをマークしました。


☆ ★ ☆ WHAT'S NEW ☆ ★ ☆

「コパ・アメリカ2015 グループの組分けが決定!」 BY りさ

グループA   チリ (ホスト国)  メキシコ (招待国)  エクアドル  ボリビア

グループB  アルゼンチン(シード国) ウルグアイ(前回優勝国) パラグアイ ジャマイカ(招待国)

グループC  ブラジル (シード国)  コロンビア  ペルー  ベネズエラ


☆ 大会は2015年6月11日よりチリで開催されます! (≧▽≦)
各グループの上位2カ国と3位の成績上位2カ国が準々決勝に進出、決勝は7月4日に行われます!

☆★ 今月のひとこと ★☆

新代表スタメンはどう固定されるか気になる。。。(ほたる)
どんどん体重が増加しています(>_<) 誰かお助け~ (りさ)

いかがでしたでしょうか? (*´▽`*)

ま、私の体重増加問題はさておき(本当はほっておいてはいけない:実話[ドコモ提供]
今日は最後にJリーグの話題を・・・!

第32節終了時で今シーズンの優勝争いは、浦和レッズ、ガンバ大阪、鹿島アントラーズ、
サガン鳥栖の4チームに絞られていました。
そして今日(11月29日)第33節が行われ、その結果(暫定順位)

1位 G大阪 勝ち点62 得失点差 +28
2位  浦和     62       +21
3位  鹿島     60       +26
4位  鳥栖     57       + 7

となり、優勝の行方は最終節に持ち越されました。
残念ながら鳥栖は優勝の可能性がなくなってしまいましたが、
今節は浦和との対戦で、1点リードから数的不利にもかかわらず
試合終了間際に同点に追いついた粘りは素晴らしかったと思います。
大混戦となっておりますが、さてどのクラブがチャンピオンになるのでしょうか・・・!
最終節、楽しみですね![グッド(上向き矢印)]

それでは、今月はこのあたりで・・・また次回、お会いいたしましょう~☆ \(^o^)/

タグ:Tripletta!!!
nice!(2)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ

Tripletta!!! ☆ game 020 [Tripletta!!!]

皆さま、こんにちは![わーい(嬉しい顔)]
早いもので明日からは11月。いかがお過ごしでしょうか。
毎回のことながら、ギリギリの更新ですみません[あせあせ(飛び散る汗)]

今月、ミャンマーで、AFC U-19 選手権という大会が開催されていましたが
ご覧になられていた方はいらっしゃいますでしょうか?
U-19日本代表はグループリーグを何とか突破し、決勝トーナメントへ進んだものの
準々決勝の北朝鮮戦でPK戦の末、敗退。
この大会での優勝の可能性を逃したのも残念でしたが、ベスト4に進めば
来年ニュージーランドで行われるU-20 ワールドカップへの出場権が得られたので
それを逃したことが非常に残念でした。
ユースの頃から、アジアだけでなく世界の強豪国とタイトルが懸かった試合を戦う場を
ひとつでも多く経験しておきたいのですが、その機会が失われてしまいました。
各世代に優秀な選手はいるのですが、このところ日本のユース世代は
アジアの壁に阻まれ続けていますので、サッカーに関わるすべての人たちが危機感を持って
いま一度、育成世代の在り方を見つめ直していくべきなのではないか、と思います。

・・・と、何かいつもはゆる~い空気のトリプレッタなのに、
だいぶ真剣な話から入ってしまい、スミマセン[あせあせ(飛び散る汗)]でも、日本のサッカーはもっともっと強くなってほしい、という思いから書かせていただきました。

さて、ここからはいつも通り(笑)、ゆる~くいきたいと思います☆ (^_^)/
それでは、トリプレッタ ☆ 020 最新号をどうぞ~ ↓ ↓ ↓


UNO: サッカーは11人でしますが、「多い」、「少ない」、「競技としておもしろい絶妙ライン」、、、 どう思われますか?(笑)

私も「サッカーはなぜ11人なのか」と、何度か考えたことがあります。ただ、今まで観戦してきて、競技者の人数が「多い」「少ない」と感じたことはありません。ですから、「面白い絶妙ライン」になるでしょうか(笑)どういった理由で、競技人数を11人対11人に定めたのかは明確ではないようです。いくつか理由はあると思いますが、おそらくピッチの広さに関係しているのではないでしょうか。JFA(日本サッカー協会)によれば、1863年に世界で一番初めに作られたルールには、人数の規定はなかったそうです。1チーム11人で行うことがルールに取り入れられたのは、1871年に行われたFAカップが初めてだったということです。


DUE: はからずも、W杯開催時に時の人となってしまったスアレス選手。彼は今どうしているの?もう、試合に出られないのですか??

ブラジルW杯で相手選手に対し、噛みつき行為を行ったルイス・スアレス選手(バルセロナ/ウルグアイ代表)。大会後、FIFA(国際サッカー連盟)から9試合の代表戦出場停止、4カ月のサッカー活動の禁止、罰金約1100万円の処分を言い渡されました。そのため、公式戦の出場は認められていませんでした。しかし、親善試合やクラブでの練習参加などは許されており、サッカーからまったく遠ざかっていたわけではないようです。代表では、定められた出場停止試合数をまだ消化していませんが、10月に行われたフレンドリーマッチに出場。2ゴールを記録しています。また、リーグ戦では先日、ようやく謹慎処分の期間が終わり、レアル・マドリードとのクラシコと呼ばれる伝統の一戦に先発出場し、クラブでの復帰を果たしました。


TRE: 中田ヒデが、ゴールデンフット賞を受賞しました!!!改めまして、ヒデの功績やすごさって、どんなことだと思いますか?

ゴールデンフット賞とは2003年に設立された賞で、28歳以上の現役選手1名と、サッカーの歴史上で偉大な功績を残した引退選手に授与されます。今回、中田氏はアジア人として初めての受賞となりました。
同氏は21歳でイタリア・セリエAに挑み存在感を示すと、名門ASローマではリーグ優勝に貢献。日本人が海外でも通用する可能性を大きく示しました。現在、多くの日本人選手が欧州へ活躍の場を移すようになりましたが、中田氏はその礎を築いた一人だと言えるでしょう。また、自身の経験をもとに、常に日本と世界との差を強く意識し、日本代表も牽引してきました。彼が日本のサッカーにもたらした功績は計り知れないと思います。


☆ 補足情報 ☆

TRE

ゴールデンフット賞は、モナコ公国の大公、アルベール二世らの支援により2003年に設立。
メディア関係者やファン投票によって選出された、28歳以上の現役選手1名とサッカーの歴史上に偉大な功績を残した引退選手にオールタイム・レジェンド賞といわれる賞が授与されます。

2014年の受賞者

現役選手 アンドレス・イニエスタ(バルセロナ/スペイン代表MF)
引退選手 ロジェ・ミラ(元カメルーン代表FW) アントニーン・パネンカ氏(元チェコ代表MF)
     ミア・ハム(元女子アメリカ代表FW)ハカン・シュキュル(元トルコ代表FW)
     ジャン・マリー・プファフ(元ベルギー代表GK)

主な過去の受賞者

(現役選手)  ロベルト・バッジョ(2003) ロナウド(2006) ロナウジーニョ(2009)など 
(レジェンド)  ディエゴ・マラドーナ(2003) ミシェル・プラティニ(2004)  ジーコ(2006) 
         ジネディーヌ・ジダン(2008)など

☆ ★ ☆ WHAT'S NEW ☆ ★ ☆


 「FIFAバロンドールの候補者が発表!」 BY りさ

マリオ・ゲッツェ(バイエルン) バスティアン・シュヴァインシュタイガー(バイエルン)
フィリップ・ラーム(バイエルン) トーマス・ミュラー(バイエルン)
マヌエル・ノイアー(バイエルン) トニ・クロース(レアル・マドリード) (ドイツ代表・元代表)

アンヘル・ディ・マリア(マンチェスター・ユナイテッド) 
リオネル・メッシ(バルセロナ) ハビエル・マスチェラーノ(バルセロナ) (アルゼンチン代表)

ジエゴ・コスタ(チェルシー) アンドレス・イニエスタ(バルセロナ)
セルヒオ・ラモス(レアル・マドリード)  (スペイン代表)

ティボー・クルトワ(チェルシー) エデン・アザール(チェルシー) (ベルギー代表)

カリム・ベンゼマ(レアル・マドリード) ポール・ポグバ(ユヴェントス) (フランス代表)

ガレス・ベイル(ウェールズ代表/レアル・マドリード) 
クリスティアーノ・ロナウド(ポルトガル代表/レアル・マドリード)
ズラタン・イブラヒモヴィッチ(スウェーデン代表/パリ・サンジェルマン)
ネイマール(ブラジル代表/バルセロナ) アリエン・ロッベン(オランダ代表/バイエルン)
ハメス・ロドリゲス(コロンビア代表/レアル・マドリード)
ヤヤ・トゥーレ(コートジボワール代表/マンチェスター・シティ)

☆★ 今月のひとこと ★☆

サッカー用の靴下が欲しい今日この頃。(ほたる)
フットサル、上手くなりたいので猛特訓します(笑) (りさ)

いかがでしたでしょうか?(*´▽`*)


先日、リーガ・エスパニョーラでレアル・マドリードとバルセロナによる
「エル・クラシコ」が行われました。ご覧になられた方も多かったのではないでしょうか?(^-^)
相変わらず、すごいレベルの戦いでしたね!
もちろん、この試合自体も注目を集めたのですが、この試合でスアレス選手が出場するか否か、
という点も多くのサッカーファンの関心を集めました。
謹慎処分明けで、いきなりクラシコという大舞台で先発出場とはその期待値の大きさがわかりますよね。
さすがに緊張と、トップチームでの公式戦は初めてということもあったのか
まだ遠慮しているような感じに見えましたけど、これから連係がガッチリ合ってくれば
恐ろしい3トップ(ネイマール・メッシ・スアレス)に間違いないですよね。今後が楽しみです!(≧▽≦)

さて、前回「フットサルに行ってきます( *´艸`)♪」と、のんきなことを言っていたのですが、
いざ行ってプレーしたら、漫画レベルの下手っぷりに自分で驚愕しました(笑)
その悲惨なプレーぶりに、恥ずかしく悔しくなり、上手くなりたい!と思いました。
今度はご一緒した皆さんに迷惑をかけないように、少しでも上達して参加したいです。
そんな話を家族にしたら、練習するためにフットサルのボールを買ってくれました。
いつ、どこでするのか?という疑問はさておき、
家族に感謝しながら時間を作って特訓に励みたいと思います(´▽`)

それでは、今月はこのあたりで・・・また次回お会いしましょう~☆ \(^o^)/

タグ:Tripletta!!!
nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:スポーツ
前の5件 | -

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。